家が売れなくて住宅ローンが残ったまま離婚した時の注意ポイント

離婚するにあたり、家を売ろうと思ったけど住宅ローンが完済できるほどの価格では売れずに、結局売らずに残った場合注意するポイントについてまとめました。

今回は日本でもっとも多い、次の2パターンで考えていきましょう。

パターン1:夫がローンの名義人、妻が連帯保証人

パターン2:夫と妻で連帯債務者(2人で住宅ローンを組んだ)

 

パターン1:夫がローンの名義人、妻が連帯保証人の時の注意点

夫がそのまま家に住み、妻が出ていく場合は特に問題ありません。

夫が出ていき、妻が家に住む場合は、妻は早急に確実な収入源を持つべきです。

 

理由は、夫が出ていった場合、自分が住んでいない家のためにローンを払い続けるのが苦痛となり返済を滞り、結果として連帯保証人の妻に返済義務が発生するためです。

連帯保証人の妻に返済義務が発生した時に慌てずに済むよう、早急に仕事を見付けましょう。

パートやアルバイトでは返済は厳しくなることは間違いないので、できれば派遣社員または正社員を目指しましょう。

パターン2:夫と妻で連帯債務者(2人で住宅ローンを組んだ)の注意点

家に住む方の単独の住宅ローンに変更すべきです。

どちらかが返済を滞れば、もう片方に負担が行き、せっかく離婚したのに結局ずるずると連絡を取り合い、縁を切る事なく続いていってしまいます。

できれば家に残る方の単独名義に住宅ローンを変更するのがベストでしょう。

 

最後に。。。いつでも家を売れるよう相場をしっかりと押さえること!

このように離婚した後、大きな問題として残る家の問題。

離婚した時は家の査定額が住宅ローンより下回っていたとしても、時期や経済界の要因により、査定額は毎年変動します。

もしもの時、住宅ローンの残高を上回る金額で売れるタイミングを見逃さないよう家の査定額は毎年チェックするようにしましょう!

離婚が決まった、家は売った方が良い?

離婚が決まると、家をどうするか?という話になります。

住宅ローンが完済済みの家であれば、どちらかが住み続けるという方法もありますが。。。

住宅ローンが残っていて、連帯保証人に妻がなっている場合、妻は要注意です。

住宅ローンの名義は夫、連帯保証人が妻の場合について説明します。

 

家に夫が住む場合

これは特に問題は起きにくいです。

ただし、夫の返済が滞った場合は連帯保証人となっている妻に返済義務が発生します。

離婚して数年、10何年もたったころに突然過去の夫が出てくるという恐ろしい場合があります。

 

家に妻が住む場合

これはよく問題が発生します。

住宅ローンの名義を妻に変更し、妻が返済していく場合は問題ありません。

問題は、住宅ローンの名義が夫だった場合です。

夫は済まない家のローンを払い続けるという、精神的・経済的な負担が非常に大きいです。

実際に精神的・経済的な負担が大きすぎて、途中でローン返済をやめてしまう場合が多々あります。

その場合、妻に返済義務が発生するため、結局は家を売るというハメになります。

さらに家が残っている住宅ローン以上の値段で売れればよいですが、売れなかった場合は他から借金をして返し、住む場所も失うという最悪の結果になります。

 

まとめ「離婚する場合は家は売るのが吉」

家に夫が残る場合でも、妻が残る場合でも、将来にわたって不安が残る事になります。

そのため、離婚をする場合は家を売り、住宅ローンをキレイに完済しておくことがオススメです。

離婚の時に注意すべき財産分与、家と住宅ローンは要チェック!

妻と離婚することになりました。

離婚の理由は。。。妻の浮気。

一度は許したのですが、2度目となるともう許せませんでした。

浮気の内容を語りだすと、かなり長くなるので割愛。

今回は、離婚を決めた時に注意すべき資産の洗い出しについて書いていきます。

離婚をする時に揉めることの1つ、財産分与。

 

離婚をするとなると、夫婦の財産を2人で分ける事になります。

財産分与で対象となるのは、よく知られるモノとしては次。

 

・預金

・現金

・生命保険

・学資保険

・不動産(自宅)

・株式

・財形貯蓄

・自動車

・家財道具

 

そう、実は家も対象に入っているんです。

家の名義が自分になっていたとしても、夫婦のモノと法律的に決まっているため対象となります。

 

では、住宅ローンはどうなるのか?

実は住宅ローンも財産分与の対象となります。

財産分与では、+の価値のモノと、ーの価値のモノがあるってわけですね。

次回は家と住宅ローンの財産分与について詳しく説明します。