家が売れなくて住宅ローンが残ったまま離婚した時の注意ポイント

離婚するにあたり、家を売ろうと思ったけど住宅ローンが完済できるほどの価格では売れずに、結局売らずに残った場合注意するポイントについてまとめました。

今回は日本でもっとも多い、次の2パターンで考えていきましょう。

パターン1:夫がローンの名義人、妻が連帯保証人

パターン2:夫と妻で連帯債務者(2人で住宅ローンを組んだ)

 

パターン1:夫がローンの名義人、妻が連帯保証人の時の注意点

夫がそのまま家に住み、妻が出ていく場合は特に問題ありません。

夫が出ていき、妻が家に住む場合は、妻は早急に確実な収入源を持つべきです。

 

理由は、夫が出ていった場合、自分が住んでいない家のためにローンを払い続けるのが苦痛となり返済を滞り、結果として連帯保証人の妻に返済義務が発生するためです。

連帯保証人の妻に返済義務が発生した時に慌てずに済むよう、早急に仕事を見付けましょう。

パートやアルバイトでは返済は厳しくなることは間違いないので、できれば派遣社員または正社員を目指しましょう。

パターン2:夫と妻で連帯債務者(2人で住宅ローンを組んだ)の注意点

家に住む方の単独の住宅ローンに変更すべきです。

どちらかが返済を滞れば、もう片方に負担が行き、せっかく離婚したのに結局ずるずると連絡を取り合い、縁を切る事なく続いていってしまいます。

できれば家に残る方の単独名義に住宅ローンを変更するのがベストでしょう。

 

最後に。。。いつでも家を売れるよう相場をしっかりと押さえること!

このように離婚した後、大きな問題として残る家の問題。

離婚した時は家の査定額が住宅ローンより下回っていたとしても、時期や経済界の要因により、査定額は毎年変動します。

もしもの時、住宅ローンの残高を上回る金額で売れるタイミングを見逃さないよう家の査定額は毎年チェックするようにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です