離婚が決まった、家は売った方が良い?

離婚が決まると、家をどうするか?という話になります。

住宅ローンが完済済みの家であれば、どちらかが住み続けるという方法もありますが。。。

住宅ローンが残っていて、連帯保証人に妻がなっている場合、妻は要注意です。

住宅ローンの名義は夫、連帯保証人が妻の場合について説明します。

 

家に夫が住む場合

これは特に問題は起きにくいです。

ただし、夫の返済が滞った場合は連帯保証人となっている妻に返済義務が発生します。

離婚して数年、10何年もたったころに突然過去の夫が出てくるという恐ろしい場合があります。

 

家に妻が住む場合

これはよく問題が発生します。

住宅ローンの名義を妻に変更し、妻が返済していく場合は問題ありません。

問題は、住宅ローンの名義が夫だった場合です。

夫は済まない家のローンを払い続けるという、精神的・経済的な負担が非常に大きいです。

実際に精神的・経済的な負担が大きすぎて、途中でローン返済をやめてしまう場合が多々あります。

その場合、妻に返済義務が発生するため、結局は家を売るというハメになります。

さらに家が残っている住宅ローン以上の値段で売れればよいですが、売れなかった場合は他から借金をして返し、住む場所も失うという最悪の結果になります。

 

まとめ「離婚する場合は家は売るのが吉」

家に夫が残る場合でも、妻が残る場合でも、将来にわたって不安が残る事になります。

そのため、離婚をする場合は家を売り、住宅ローンをキレイに完済しておくことがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です